国東市で在宅生活をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

訪問看護とは?

訪問看護とは?

訪問看護とは?

訪問看護とは、利用者様の住み慣れた環境(ご自宅など)に訪問して、生活を支援するためのサービスです。健康や生活でお困りのことをお聴きし、健康管理(血圧や脈拍などを測定したり体調を観察など)を行います。

また、医師の指示のもと、点滴や注射、傷や床ずれ(褥瘡)の処置、胃ろうがある方の栄養管理や吸引などの呼吸管理、服薬管理を含めた疼痛ケア、下剤の調整なども行います。

日常的に医療機器が必要になったら、病院や施設に入らなければならないと思われているかもしれませんが、病状や体調によっては、訪問看護を利用し、在宅用の人工呼吸器や点滴用ポンプ、吸引器などを使って、自宅で安全に安定して過ごすこともできます。

訪問看護と訪問介護の違い

「訪問看護」と「訪問介護」は、似たような言葉、似たようなサービスのため、混同されることが多くあります。また、訪問看護ステーションでは、訪問リハビリを行うこともあります。

「訪問看護」と「訪問介護」を比較した場合の主な違いは次の通りです。

訪問看護(訪問リハビリ)訪問介護
従事者(資格)保健師
看護師(准看護師)
理学療法士
作業療法士
言語聴覚士
介護職員初任者研修修了者(旧ヘルパー2級)
介護職員実務者研修修了者(旧ヘルパー1級)
介護福祉士
サービス内容・バイタル測定
・体調アセスメント
・傷や褥瘡のケア
・チューブ類の管理
・注射、点滴
・胃ろうなどの経管栄養管理
・服薬管理、薬剤の手配
・主治医との連携
・患者、家族の指導
・疼痛ケア、マネジメント
・リハビリ、機能回復訓練
■家事援助
・掃除、洗濯
・買物
・薬の受け取り
・見守りなど
■身体介護
・食事介助
・排泄介助、オムツ交換
・清拭、入浴介助
・通院、外出介助
・体位変換、移乗・移動介助
・共に行う調理
・服薬介助など
対応する保険介護保険
医療保険
介護保険
料金(介護と比べて)高い(看護と比べて)安い

ご利用者様の病状や体調によっては、訪問看護でも入浴介助、排泄介助に入ることもあります。詳しくは、担当医や担当ケアマネにご相談ください。

訪問看護をご利用するまでの流れ

介護保険・医療保険を利用して訪問看護サービスを受ける場合、次のような流れになります。

訪問看護サービスを受けるまでの流れ

訪問看護サービスご利用時の注意事項

  • 訪問看護サービスを利用するためには、訪問看護指示書が必要です。
    ⇒かかりつけ医のお医者さんから交付されます。
  • 介護保険で訪問看護サービスを利用する場合は、ケアプラン・介護予防ケアプランの作成が必要がです。
    ⇒担当のケアマネさんにご相談ください。